【オールOK!】Anker 7-in-1 プレミアム USB-CハブをMacのお供に

とうとう最近、2015年後期モデルのMacbook Airから2019年発売のMacbook Proへ乗り換えをしました。

動画の書き出しはサクサク、音も段違いに良い。でも1つだけ問題が出てきました。

「USB-Cに今まで持っていたガジェット類が対応してない!!!」

Macbook AirはそのままSDカードを差し込むことができ、USB-A対応のiPhone充電ケーブルやハードディスクも使えました。

ですが、Macbook ProはUSB-Cのみ対応になっています。このままでは、本体は高性能になったに使い物にならない…ということで、USB-C ハブの購入に至りました。

選んだのはAnker 7 in 1 プレミアム USB-C ハブです。不満が全くない長く使えるのであろう新たな相棒となりました。

ケーブル嫌いにはオススメしない

購入にあたり、USB-Cハブを調べていたのですが、このAnker製品の様にUSB-Cへのケーブル式と、直接差し込む式のものがあります。

ピタッとはめることができるのはいいと思う反面、USB-Cが2つ取られてしまうこと。また知人のMacbook本体のUSB-C差し込み口が壊れて使えないというパターンもあり、今回はケーブル式にしました。

デメリットとしては、ケーブル式にすると差し込む式よりは面積を取るくらいです。ここまでは不便さを感じていません。

Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブの外観

ではここからは、実際に購入したAnker 7-in-1 プレミアム USB-Cの紹介。

せっかくなので開封の儀から(笑)

色合いは少しメタリックっぽい色。個人的にはシンプルで好きなデザインです。重さはUSB-Cのハブにしては少しズッシリとした222g。

元々ハブをいれるケースもついてきます。こちらはグレー。至って普通の布ケースです。

スポッっと入ります。僕はガジェット備品周りをデイズポーチに入れています。

基本何でも対応!プレゼンも写真も充電も!

7 in 1という名の通り、以下の7つに対応ができます。

写真でも動画でも、プレゼンテーションでも充電でも対応できるものは全て揃っています。これを変えば他は買わなくていいオールラウンダーなハブです。

USB-A×2
USB-C×2
SDカードスロット×1
Micro SDカード×1
HDMI×1

Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブとの違い

AnkerにはUSB-Cハブでも様々な種類があります。

前提としてUSB-Cから充電ができ、またMicro SDやSDカードを読み込めるとなると、イーサネットハブも候補になってきます。

名目イーサネット ハブプレミアム USB-Cハブ
USB-A22
USB-C12
HDMI11
イーサネット1なし
充電W48W90W
micro SD11
SDカード11
価格4,799円5,999円

比較を見ていただけるとわかるのですが、大きな違いとしては、有線WiFiであるイーサネットを差し込めるかどうか、またPDに対応したスピード充電の速さが異なります。

これまでの人生史上一度もイーサネットの有線Wi-Fiを使用する機会がなかったので、今回は充電スピードを重視してプレミアムUSB-Cハブを選びました。

Ankerには欠かせない18ヶ月保証

Anker製品を購入する上で欠かせないのが18ヶ月保証です。

例にも漏れず、Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cもその保証内。

自然故障であればいつでも新しいものと取り替えてもらえます。これはありがたい。

今年は海外に多く行き、家使いよりも荒れるとは思いますが、保証があると心強いです。

不満なしでいい感じなUSB-Cハブだと思います

イーサネットを使うとすれば、Anker PowerExpand+ 7-in-1 USB-C PD イーサネット ハブの方を推しますが、現状使用しなきゃいけない場面に遭遇したことがないので、スピード充電ができるAnker 7-in-1 プレミアム USB-Cを選択しました。

不満もなく使い勝手もいいバランスの取れたUSB-Cハブだなと感じています。

安さで他社メーカーを選ぶのであれば18ヶ月保証で安心のバランスの取れたAnker 7-in-1 プレミアム USB-Cがいいかなと思います。

有線Wi-Fiがどうしても欲しくなった時は潔くAnkerのイーサネットに切り替えます★(Anker信者)

ABOUTこの記事をかいた人

「RE MINIMAL」「ハジメノハンポ」の2ブログを運営。千葉県住みの22才。ミニマルなモノが大好き。飽き性故に習慣化が大切という結論に至りました。