【最&高】Anker FusionはUSB充電器とモバイルバッテリーの二刀流!

iPhoneやMacbook、またカメラやポケットWi-Fiなどガジェットが多くなるにつれ多くなっていくバッテリーやケーブル等。

どうにか減らしたいという思いからモノ選びが始まりました。

最終的にたどり着いたのはAnkerが出しているAnker Fusion。

USB充電器とモバイルバッテリーの2役をこれだけでこなせる二刀流なガジェットです。

かなり多くの知人もこちらを使用しており、ノマドはもちろん頻繁にカフェでPCを持ち込んで作業する方には1台は欲しいガジェットです。

ANKER Fusionは189gでずっしりとした重さ

購入したのは、Anker Fusionのブラック。

Amazonではシーズンごとにセールを開催していますが、大体Fusionの割引対象!私も1番安くなってるタイミングで購入しました。

1ヶ月ほど使用したので少し傷がついていますが、大きさ自体は手のひらに収まるちょうどいいサイズ感。重さは189gで少しずっしりしています。

最新のiPhone 11とほぼ同じ重さです。

USB充電器としてコンセントに直接差し込める

Anker Fusionの基本的な機能としては、2つのUSB充電器としての使用。

上の穴ではLightningケーブルでiPhoneを充電しつつ、下の穴ではUSB-CでポケットWi-Fiを同時に充電もできちゃいます。

今まではiPhone購入でついてくる白い穴が1つのUSB充電器をそのまま使っていたので、2つ同時充電は助かります。

同じAnkerから出ているわけでAnker PowerLine +USB-C & USB-A 3.0ケーブルを差し込めば、MacbookProの充電も可能です。

電源が無くてもOK!即モバイルバッテリーに!

Fusionの1番の売りは電源に差していなくてもモバイルバッテリーとしても使えること!

家では2股のUSB充電器として使い、外出の際は5000mAhのモバイルバッテリーとして持ち運べます。

もし充電がなくなったらどこかのカフェで充電器として電源に差し込みながら使えばまたモバイルバッテリーとして復活!

わざわざ、LightningケーブルとモバイルバッテリーとUSBポートの3つを持っていかなくてもLightningケーブルとFusionを持っていれば事足りるようになるのが便利。容量も5000mAhなのでiPhone11は1回以上充電できます。持っているだけで安心です。

野球界ではピッチャーとバッターとして活躍する選手を二刀流と呼びますが、Anker FusionもUSB充電器とモバイルバッテリーの役割をこなすことができるガジェット界の二刀流といっても差し支えないでしょう。

18ヶ月の保証つきで安心!

2000円台で購入できること、そして機能にも満足なのですが、なんと18ヶ月の保証もついています。

Amazonのレビューではごく稀に不良品が混ざってるらしく半年で自然故障で壊れてしまったFusionを新品に変えてもらったレビューが書かれていました。

劣化を考えても1年半の保証がついているには購入にあたり大きな安心材料になるのではないでしょうか。

ガジェット界の二刀流をお試しあれ!

究極なくてもいいけど、あるともの凄く便利、Anker Fusionはそんなガジェットだなと思います。

USB充電器としてモバイルバッテリーの機能を持っていると1つカバンに忍ばせておけば安心なので重宝しています。価格も何なら通常のモバイルバッテリーと変わらない価格帯のもいいです。

Amazonのセールの時期がAnker Fusionを最安で手に入れるチャンスなので特に気にかけてチェックしてみてくださいね!

そして二刀流なFusionをあなたのガジェットのスターティングメンバーに加えてみるのはいかがでしょうか!

ABOUTこの記事をかいた人

「RE MINIMAL」「ハジメノハンポ」の2ブログを運営。千葉県住みの22才。ミニマルなモノが大好き。飽き性故に習慣化が大切という結論に至りました。