【レビュー】ガジェット周りの備品収納に最適なデイズポーチ

ブログを書いていたり、写真や動画を仕事としていると自ずとカフェでの作業が多くなります。

そんな時にストレスを感じるのが、必要なコードや充電器といったガジェット類の備品をカバンから取り出してセッティングすること。

コードが絡まってたり、バッグの奥底の方にあったり、とりあえずのケースに入れているものの取り出し難かったり。

そんな時に出会ったのがデイズポーチ。ガジェット周りの美品を入れるのに最適なリモートワーカー向けのポーチです。

大容量でデザインもシンプルながら「自立」します。

ノマドワーカーはもちろん、ガジェットを持ち歩く会社員やフリーランスの方もコードや充電器を取り出し安くしてくれる優れものです。

ポーチにしては値段が高めなのがネック

まず最初に唯一感じたデメリットを記述しておくと、ポーチにしては価格が高めであること。

私自身が、歯ブラシや髭剃りを収納用の無印良品の吊せるポーチを実際にガジェットポーチとして使用すると、価格が2000円しないくらいです。※無印良品の店頭で購入した場合。

一方でデイズポーチは、Amazonで購入の場合税込み4,378円ですので価格は約2倍。とりあえず収納できればいいやという方には向かないです。

とはいえ、自分は4,000円以上払って購入しているので、価格相応の価値があると思ったデイズポーチのメリットや使用してみた感想をお伝えできればと思います。

なんといっても「自立」すること

このデイズポーチは、「自立」するので、幅を取らずにガジェット備品を作業スペースの脇に置いておくことができます。必要になればサッと取れるのでノンストレス。

こんなことありませんか?カフェで作業をしていて隣の席との間隔が狭い時、ポケットWiFiを置き、スマホの充電を出して、PCの充電繋ぐスペースがなかったり…

とはいえ、リュックの中にしまっておいて必要になる度にいちいち出すのはめんどくさいしストレス…(ですよね?)

このデイズポーチさえ取り出せば、ガジェット関係の備品を取り出すのが楽になります。

しかも自立するので場所を取りません。一石二鳥。

多くの備品を収納できる大容量

デイズポーチ自体は大小9つのポケットが完備されています。仕切りも多いので、コードも分類可能。

引用:ユウボク東京公式サイト
引用:ユウボク東京公式サイト

またファスナーつきのポケットもあるので、メモやもらったレシートなんかをいれる選択肢もあります。iPhoneも差し込めます。

またカフェで上記写真の収入ポケット3にあたるところにスマホを差し込んで置いておくこともできます。

何も中に詰め込んでいない状態はコンパクトに見えるのですが、実際に充電器やコードを入れていくとかなり収納できます。

実際に備品類を詰め込んでみた

私の場合は以下のガジェットを詰め込んでいます。

Anker 7-in-1 プレミアム USB-Cハブ
Anker PowerCore Fusion 5000
Anker PowerLine+ II ライトニングケーブル
ライトニングケーブル 3in1
MacBook Pro 純正ケーブル・充電器
5000mAh通勤超薄6mmモバイルバッテリ
ポケットWi-Fi
ワイヤレスイヤフォン ZERO Audio
sonyの有線イヤフォン(動画編集用)
(必要な時)シリコンパワー ポータブルHDD 2TB
(必要な時)HDD用ケーブル

※ブログ記事の最後にリンクを掲載してあります。

上記を全てをいれるとかなりガチガチですが、変形しないでしまうことができます。さすがにこれ以上いれるのは厳しいですが…(笑)

※入れる前はもっとスリムです。

基本カバンやリュックにいれることが前提だと思いますが、デイズポーチだけ持って出かけるには向いてなさそうです。

これ1ついれればちょっとした作業をするくらいの備品は問題なく収納できます。

逆にガジェット備品だけを持って仕事に行きたい場合は、少しサイズは小さくなりますが、首からかけることができるデイズポーチ リモードの購入がいいかもしれません。

デザイン良し!コンセプト良し!

個人的にデイズポーチの購入の決めてとなったのはデザインとコンセプトでした。

引用:ユウボク東京公式サイト
引用:ユウボク東京公式サイト


自分の場合はシンプルなデザインが好きなので、モードブラックはドンピシャでした。

カラフルなものが好きな方はブルーやレッドなどあるので自分の好みに合わせて選択できます。

コンセプトに惹かれた理由は、私自身今年はノマドワーカーとして海外に行くので、「ノマド向けの仕事道具入れポーチ」という言葉に単純にときめいてしまいました。ズルい(笑)

ガジェット備品を簡単に取り出せる快適さ

元々は、友人からプレゼントでもらったブルーボトルのカップが入っていた巾着をガジェットポーチとして使っていました。

無造作に詰め込めた点だけはよかったですが、取り出すのも大変だし、何かにぶつけてしまった時に破損するリスクも高そうだなと感じていました。

少しお値段は張りますが、デイズポーチを買ってよかったなと思います。

ここに備品を入れておけば気軽に外出できますし、カフェでの作業もノンストレス。何よりノマドワーカーに最適。

コロナがおさまった後は、日本だけでなく世界中で活躍してくれることでしょう。これからもどうぞよろしくね。

p.s.デイズポーチの中に入っている備品たち

ABOUTこの記事をかいた人

「RE MINIMAL」「ハジメノハンポ」の2ブログを運営。千葉県住みの22才。ミニマルなモノが大好き。飽き性故に習慣化が大切という結論に至りました。